グリッシーヌブランは、フランス語で白い藤。
多賀町梨の木は、昔 僕のじいさんが生まれた村の人々が苦労をして開墾した場所。
田んぼや畑、桃の木や栗園、牛舎などがあった場所。

そこに、じいさんが大切に育ててくれと言い残した 白い藤をまず植えて そして会社の名前にしました。

 

ピノーの語源は赤ワインPINOT NOIR(ピノノワール)から

 元々南彦根でクレープ屋を両親が営んでいた時の店名で

癖のある味と芳醇な香りが料理にスイーツによく合うため好んで使用しており、

思い入れのある名前のため店の名前としました。

 

ハーブ&エディブルフラワー

調理の彩と香り、そして食べて楽しめる

食用の花を育てています。

きのこ

椎茸、ヒマラヤタケ、なめこ等、特徴的なきのこを栽培しています。

野菜

リーキ、トマト、ズッキーニ、芽キャベツ等の西洋野菜を中心に栽培しています。